読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツでずっと暮らす

ドイツ移住の10年先、20年先を考える。



ずっと暮らすということはずっと生きるということ

私の年齢は34歳なのですが、毎日のように死ぬことについて考えます。それは夫や飼っている犬の寿命のことや、自分が死ぬことを考えるのです。夫や犬が死んでしまったらとても悲しくて立ち直れる自信がないけれど、自分が死ぬのはまた違う次元の問題です。

 

20代の頃はいろいろと迷いがあったので、どうやって生きていこうか、という問題が解決できませんでした。けれど28歳のときにベルリンへ渡ってから何度かくじけそうになった事はありましたが、それでもなんだかんだ芸術家を続けています。東京で暮らしていたときに数年のブランクはありますが、それを除けばほとんどの時間をアートに費やしています。それが金銭的な価値に置き換えられているかどうかは置いといて...

 

私がアーティストとして成功しているかどうか、というのはそれぞれの判断基準によります。例えば私のお父さんからしてみれば、収入が不安定でほとんどが赤字のフリーランス業みたいなものなので成功しているようには映りません。けれど私のマネージャーや夫は、私が作り上げるアートの世界を一番近くで見ている人なので、私のアートは成功している、と言ってくれます。その理由は毎日、アートのことだけを考えれば良い生活を送っているということ。

 

先日、私の作品に新しいお客さんと値段がつきました。作品が未完成だったのにもかかわらず値段がついたこと、その値段に私が納得できなかったこと、その交渉をしたマネージャーが思ってた以上に私のことを理解していなかったこと、この3つの点が納得できずに私は怒り狂いました。数時間フツフツと怒りと向き合ったり、完成させたくない!と反抗期みたいな態度を出したりしたあげくに、収集つかなくなった感情はとうとう破壊行為へ向けられました。3つも私の納得ができない事柄、その根本がこの作品にあるのなら壊してしまおう。お客さんへの説明はマネージャーの仕事です。私も悪いので説明するべきでしょうが...悩みどころです...しかし本当の地獄はここからが本番でした。壊れた作品、怒りの心境、それらを全てなかったことにはできないのです。そこから何かを一つでも良いから汲み上げて次へつなげないと何にもならない、ということを知っているだけに次へ進むためには、深く負った傷にとても痛い消毒スプレーをかけて手当てをする段階が一番辛いのです。怒り狂ったので3日間ほど鬱々と過ごし頭が四六時中ぼーっとして何もする気が起きませんでした。しかも壊した作品はシリーズモノだったので次にかかる予定の作品がいくつもあり、それらを考えるだけでイライラしてアトリエに座り続けることすらできませんでした。アートが私をイライラさせるのです。

 

そんな怒りと鬱から抜け出すのを手助けしてくれたのも、アートでした。美術館の売店へ画集を買いに行ったときに現れた様々な美術品たち、いろんなところで模様されている現代作家の展示会...私はこんなちっぽけなことでつまずいている暇は無いのだと、他人の作品を通して自分自身を見つめ直すことができたのです。それでも天邪鬼なのでずっとイヤイヤを繰り返していましたが、自分のアトリエをふと観察していたときに気がついたのです。私は、ずっとこうやって生きていくんだな、ということに。

 

私の職業は寝ても覚めてもずっとアート漬けです。だからたまにお医者さんが必要なときがあります。だから私は毎日、私はいつ死ぬのだろう?と考えてしまいます。私の仕事には定年もなければアフターファイブもありません。

 

ゲルハルト リヒターという億万長者のドイツ人アーティストが居ます。彼が触ったモノ全てが高額で取引される、と揶揄されるほどの人です。私にはリヒターの心の叫びが聞こえてきます。辞めたいのに、辞めれない。アートはシャブ中みたいだ。と。

 

アーティストとして暮らすということは、死ぬまでずっとこうやって生きることなのです。

 

 

現代アートは難しくないことについて

日本ともゆかりのあるとても面白いドイツ人アーティストが居ます。先日訪れたライプチヒの美術館で彼の作品を観ることができて嬉しかったので、今日はアートをテーマに書いていきます。私自身が芸術家なのでアートの話になるとくどくなりがちですが、現代アートとは?どうやって鑑賞すればいいの?という疑問について、一人のドイツ人アーティストを通して紐解いていきたいと思います。

 

現代アートはとても簡単

 私は個人的に現代アートを観ることができる人はダウンタウンのごっつええ感じで笑うことができる人、という風に考えています。 現代アートはヘンテコでおかしいものが多いので、面白いって感じたら笑えば良いし、気持ち悪いって感じたらオェ〜って言っても良いのです。

私は個人的に現代アートは未来の人類の姿を投影していると考えます。

印象派の画家たちが様々なルールを破って自分らしさや自分という人間のアイデンティティーを作品に投じたのと同じように、現代アートは未来の人々の新しい価値観を映し出しています。

インターネットやスマホの普及で人々のライフスタイルは大きな変化の渦の中にいます。そしてどんどん時代は個人へと向かっていきます。そうなると、人々の価値観の違いにも大きな差ができます。今までの比ではないくらいに。 なので現代アートを理解できないというのは一つの意見でもありますが、それは"スマホを使いこなせない"というのと同じものだと私は個人的に思うのです。

 

  現代アートを紐解く

 現代アートを紐解いていくのには塩梅の良いドイツ人の有名アーティストが居ます。

名はジョナサン・ミース

日本語だとミースと表記されてますが、ドイツでは”メーゼ”と呼ばれています。彼は日本生まれで、2005年の横浜トリエンナーレにめちゃ爆笑な作品を出展してました。私はそこで初めてメーゼの作品と出会います。写真と映像のコラージュ、ペイントと日本のめかぶをあっちこっちに撒き散らした、なんとも言えない爆笑な作品。今でも鮮明にあの撒き散らされたメカブを覚えています。私もメカブが大好きです。そしてメーゼが横トリで現代アートを使って日本に殴り込んできた!という衝撃。

2008年の横浜トリエンナーレの批判はとても酷いものでした。ヨーロッパで主流の現代アートを一気に日本に持ち込んだはいいものの、当時の日本ではそれらを評価する知識と見解を持ち合わせていなかったのです。その3年前にはアートサーカスというテーマで、テーマパークのような作品が多く私自身もディズニーランドの延長みたいなノリで楽しんだのを覚えていただけに、2008年の横トリは暗くて意味不明で難しくてすぐに理解できるものではなかったのです。

 

 ライプチヒ美術館の魅力

 さてこのメーゼの作品がライプチヒ美術館に展示されています。

ドイツは美術館や芸術家をとても大切にします。しかし州によって経営状態が異なるので美術館を見ればその州の経済状態がわかるとも言えます。例えばフランクフルトの美術館は壮大で高額な作品がゴロゴロしてます。派手でセキュリティも厳しくカフェテリアや売店一つとっても規模が大きいです。それに比べてライプチヒは庶民的。建築が好きなひとには面白い箱ですが、中身の作品は素朴なものが多い印象です。イベントも庶民的で美術館の展示室の中に椅子を並べて誰かがアートについて喋ったり、音楽を聴いたりするイベントが毎週のように行われている様子でした。

 

このライプチヒの美術館にメーゼの作品が展示されています。

彼の得意とする写真やゴミを使ったコラージュとらくがき。そしてどう見たってゴミというかホコリの塊みたいなのを盗まれないようにちゃんと囲いをしてあるのです。

これがライプチヒ美術館の面白いところ。ゴミだけどアートという価値がついた、誰かがゴミに多額な金額として価値をつけた、という典型的な現代アートの象徴です。そしてそれらを尊重し美術品として展示する。美しさや優れた技法がアートの全てではない、ということをライプチヒ美術館で感じることができます。

 

 芸術家はドイツではゴシップの対象

メーゼはドイツではなかなか有名です。他にも億万長者の有名なアーティストはたくさん居ますがメーゼは色々とお茶の間を騒がせるとても面白い人間でもあります。

例えばドイツでは法律で禁止されているヒトラー式の挨拶、右手を斜め45度にビシっと挙げて、ハイル、ヒットラー!と叫ぶ敬礼みたいなのがあるのですが、これはヒトラー崇拝禁止、ナチス時代の悪しき過去として現在のドイツでは法律で禁止されています。その挨拶を、アートのパフォーマンスの一環として公衆の面前で披露し逮捕され裁判沙汰になりました。判決は130万円ほどの罰金を支払うという命令が下されましたが、ドイツのアート界ではまたメーゼが何かやらかしたぞ、という興味とゴシップで楽しませてくれました。

メーゼは数年間ドイツの美術大学で教鞭をとります。ドイツの美術大学の教授になる、ということはアーティストとしては大出世です。多額なお給料に名誉が保証されたようなもの。けれどメーゼは数年経ったあと辞めてしまいます。その理由は彼の作品を見れば感じることができます。

 

 最後に

アーティストとして生きるということは、社会との折り合いをつけるか、それとも社会不適合者として自分の道を進み続けるのか、という葛藤がつきものです。

しかしメーゼの作品を見るたびに、あなたはそのまま好きなように生きればよいのだよ、と語りかけてくれます。

横浜トリエンナーレで出会った時、私にとってメーゼは外国の遠いアーティストのように感じていました。けれどメーゼは普通にベルリンでフラフラ歩いているし、ドイツで暮らすようになってから芸術家と社会はしっかりと繋がっているんだと実感するようになりました。そういう意味では芸術家は社会不適合者ではありません。そして現代アートは生活のすぐそばにあるということをみんなに知ってもらいたいと思うのです。

アートは生活を豊かにしてくれる、とても素敵なものなのです。

 

 

 

 

 

今まで数個のブログを書いてきました。主にベルリン移住の情報というか、私が経験した色々なことを記したブログたち。

生活基盤がしっかりドイツの生活に馴染み数年。落ち着いた生活を手に入れてから見えてくる世界や事柄がだんだんと変化していったのです。

そして大きなきっかけとなったのは、先日旅行先で出会ったペンションの主人でした。

 

私と夫は思いつきで自宅からとても遠く離れたドイツ北東の海、Ostseeへ旅行にでかけました。思いつきだったので宿泊先の予約も検索もせず、行き当たりばったたりで車を走らせました。ドイツの観光地ではPension(日本語だと民宿)がいたるところに必ずあります。道路脇に看板が出ていて、空室あり、なし、という表示が必ずされています。私たちが訪れた小さな港町にもたくさんPensionがありました。8割がたはイースター休暇で空室なしでしたが、それでもちょこちょこと空室あり、と表示されています。数件訪ねたり、看板に書いてある電話番号に電話したりしているうちに1件のPensionが私たちを快く受け入れてくれました。

 

主人の表情が硬いというか強かったのが印象に強く残っています。朝ごはんの時に食堂へ入って挨拶してもニコリともせず、なんだか不機嫌な表情をいつもしている感じを受けたのです。ドイツで接客業をしている人々、特に田舎の人々はとても人懐こくて優しくておしゃべりが大好き、という印象を抱いている私は少し居心地が悪いなと感じていました。しかし理由があったのです。

 

主人の表情が常に真顔で怖い理由

それは、近いうちに失明するということでした。

チェックアウトの時に、メガネをかけているにもかかわらず領収書の文字を読みにくそうにしていたり、すぐ手元にある会計用のお財布を見つけられなかったり。

そして省略的でしたが彼の人生を語ってくれたのです。

もうすぐ年金を迎えるということ。若い時に働いていたこと、色々と流れに流れて今のPensionを数年前に始めたこと、そして近々失明すること。

 

私はPensionを去ったあとに車の中で考えました。たとえ3泊4日の通りすがりの民宿の主人、ほぼ他人にしか過ぎないひとの人生がたくさんのことを私に考えさせたのです。

 

Pensionのご主人が失明したとしても、彼の人生が完全に奪われるわけではありません。ドイツは社会保障が手厚く、ドイツ人であればどんな障害者でもその人生を人間らしく人間の尊厳を保ちながら人生を最後まで送ることができます。そしてドイツの税金はそのために回収され使われていくのです。それでも失明するということは大きな恐怖です。しかし主人は、まぁそれが人生だからね。と受け入れている様子。

 

私たちは生まれてきた。そして、生きている。死ぬまで毎日何かをしながら、日々を過ごし、そして命が終わる日を迎える。

そういったサイクルの中で生きている、ということを改めて自覚しました。そして私は日本からドイツへ移住してきたけれど、これからもっともっと10年20年先の人生について考えるようになったのです。

 

海外移住という人生、その先に何があるのか

海外移住がたくさん知られるようになって、海外移住をする人が増えたのはいいけれど

短絡的な人生計画もとより、もっと深くいろんなことを考えて見つけて実践していかないと、人生はあっという間に終わってしまうのです。

30代の海外移住生活、人生計画とは

私がドイツに移住したのは2011年。理由は色々ありました。

ドイツにやってきて6年が経過しました。そして7年目。

視野に入るのはドイツ国籍の取得です。

インターネットの普及で人々の可能性はぐんと広がりました。

私もその恩恵にあやかったうちの一人です。

ドイツ、ベルリンでアーティストとしてのフリーランスビザで5年滞在した後

去年ドイツ人パートナーと入籍しました。

仕事もビザも、ドイツで生活していくものの土台は全て整ったところでふと先日思ったのです。

さて、この先の人生計画をどうしようか?ということ。

移住した当時、わたしは28歳でした。

日本で美術家として活動していましたが、作品が売れたことは一度もなく

正直に書くと作品に値段をつける、ということすらしたこともありませんでした。

そして今、28歳の私には想像することのできなかった現実を生きています。

作品を作り、毎日アートのことを考え、アートを通じていろんな人々と触れ合い、それを土台にしてドイツで生きているのです。

ドイツ移住はビザの取得がゴールではありません。

わたしはドイツ人パートナーを持ったことによって、多分ずっとドイツで死ぬまで暮らすのだろうな、という風に考えるようになりました。

結婚しなくてもドイツ移住をしている人なら誰しもが考えると思うテーマ、この先どれくらいドイツで暮らしていくのだろうか?ということ。

ドイツでずっと暮らし続けるためにはどうすれば良いのか。

ビザの更新、健康保険、納税、結婚、家庭、仕事、ドイツ語、ドイツ人との付き合い方、ヨーロッパという国境のない人々の生活などなど、日本では想像できない面白いこと、面白い人、面白い考え方、腹が立つこと、悲しいこと...などなど数え切れないほとのドイツ移住の現実があります。

そういうことを少しずつ、紐解きながら、現代の生きる、ということについて考えていこうとおもいます。